Q12 チグリスやユーフラテス(創2:14)など、同じ名前の川が、どうして現在もあるのでしょうか
この記事では、聖書の創造に関する疑問にお答えしています。
Q&Aシリーズ2 「創造の実質に関する質問と答え」

A ノアの洪水によって創造された地球は滅びましたから、チグリスやユーフラテスもこの時点で消滅しました。しかし、洪水後、ノアの子孫たちが新しい土地に入って、故郷の土地を懐かしく思って、そこに新たに出来た川に馴染みの深い名前を付けたのでしょう。
現在、世界の離れた地域に同じ名前の都市があるのも、似たような状況下で生じていることでしょう。例えば、イギリスのオックスフォードやケンブリッジという名前が、移住した人々によってアメリカやカナダでオックスフォード郡という地名が生まれ、ケンブリッジが生まれました。オーストラリアにはリバプール市がありますが、イギリスの地名を採用したものです。
アメリカ・ペンシルバニア州には、イエス・キリストご生誕の都市ベツレヘムという名前を貰った都市があります。アメリカのベツレヘムは1741年にモラヴィア兄弟団によって創設され、初期は同教会の宗教都市として発展したようです。2010年、人口は74,982人と報告されています。
00:00 | comments(0) | - | pookmark
Q11 エデンの園は実在したのですか?またそうであればどこにあったのですか?
この記事では、聖書の創造に関する疑問にお答えしています。
Q&Aシリーズ2 「創造の実質に関する質問と答え」

A  もちろん、エデンの園は実在しました。そして、聖書に書かれている通りの素晴らしい園でした。しかし、ノアの大洪水によって、地球の全面が水に覆われ、地形が完全に変わってしまいましたから、エデンの園がどこにあったかは今日では分かりません。園から流れていた川の名が、現在メソポタミア文明に関わりの深い、ヒデケル(チグリス)川とユーフラテス川と一致するからといって、エデンの園がメソポタミアにあったとは限りません。

00:00 | comments(0) | - | pookmark
Q10 4日目に創造された太陽が、エネルギーの始まりと思っていました。初日の「地」もエネルギーということはどういうことですか?
この記事では、聖書の創造に関する疑問にお答えしています。
Q&Aシリーズ2 「創造の実質に関する質問と答え」

A  人々はまず、火(熱)をエネルギーと理解しますが、実は、エネルギーは様々に形が変わります。太陽は大きなエネルギー源であることは確かであり、熱エネルギー、光のエネルギーを供給しています。しかし、エネルギーは様々に姿を変えることが出来るのです。
ガソリンは燃えて車を走らせるエネルギー、すなわち運動エネルギーに姿を変えます。木と木を激しくこすり合わせると、遂に火が付くのは、回転(運動)エネルギーが形を変えて木が火、熱エネルギーに変換されるために点火されたということなのです。木という物質・地はエネルギーの一つの形であり、燃える火にも姿を変えることが出来るのです。水力発電は、高いところにある水が下に落ちることで、高いところ「位置エネルギー」が電気エネルギーに変換されます。
2011年、3月11日の福島原発の事件以来、日本を中心にして世界中で問題になっている原子力ですが、原子核には汲み尽くせない大きなエネルギーが秘められた状態で、全宇宙を主が創造なさったのです。放射性同位元素や原子力については、別の項で説明いたします。

12:48 | comments(0) | - | pookmark
Q9 最初の光はどういう光ですか?
この記事では、聖書の創造に関する疑問にお答えしています。
Q&Aシリーズ2 「創造の実質に関する質問と答え」

A 私たちは光というと反射的に太陽光だと思ってしまいがちですが、もとより太陽光ではありません。太陽は光を発する源、すなわち光源であり、ロウソクや電球と同じようなものです。光とは物理学的には、粒子的性質と波の性質の両方を持ったものであると説明されています。光自身を理解出来なくても、光がない状態はよく分かると思いますが、真っ暗闇という状態です。光とは、例えばその真っ暗闇に雨戸の隙間を通して外から差し込んでくる一条の光のようなものを想像して頂くと分かりやすいかも知れません。
「光あれ」は翻訳間に大差はありませんが、問題の箇所は多少差があります。「光があった、光が出来た、光が現れた」という翻訳は微妙に意味の違いがあり、原語はどうか分かりませんが、光が初めからあったという説、光が創造されたという説など幾つかの説があります。また、光はイエス・キリストご自身、シャカイナ・グローリーであると考えている人もいます。しかし、イエス・キリストは万物を創造された方ご自身ですから、「光あれ」という御言葉ご自身であり、それに呼応して現れるなどということはあり得ないと考えます。

「初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。この方は、初めに神とともにおられた。すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。」 (ヨハネの福音書1章1節〜3節)
12:35 | comments(0) | - | pookmark
Page: 1/1   
講演依頼&お問合せ

公式サイト案内

講演情報_バナー

ご案内


skype_seminar_sidebuner4-e1357803993569.png




christmas_1.jpg
安藤和子 文 / 神谷直子 絵
800円(定価)

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

安藤和子の紹介

Comment

  • ノアの洪水の史実について学ぶ:加古川バプテスト教会において
    Yukimichi Okabe (11/06)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    吉村友喜 (08/07)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    tera (08/06)
  • 老人には時速5kmで踏切を渡りきれない! / 踏切も交差点も若者対象の設定
    頭の悪いおぢさん (05/11)
  • STAP細胞 (9): 後出しジャンケンで 「グー・チョキ・パー」 全部を出した指導者
    武田照子 (04/19)
  • STAP細胞 (6) 関係する記事を公式ホームページに公開
    田口哲夫 (04/10)
  • STAP細胞 (3) 著者/共同研究者たちの責任・他施設の専門家たち
    やすだ (04/03)
  • STAP細胞 (2) 関係者たちの理解し難い対応・著者たち、他施設の専門家たち
    杉森 経弘 (03/19)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    ソープ (07/25)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    Yasuhisa Hamada (07/25)

Link

Search

Feed

Mobile

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM