<< main >>
お金の亡者だった桝添東京都知事・ウルグアイのムヒカ大統領の爪の垢でも煎じて飲みなさい
桝添東京都知事は、まともな人のように見えていた・・・権力を手にするまでは。
知事になり、オリンピック関連について問題が表面に出てきた頃から、何となくクリーンでない「におい」みたいなものが感じられるようになってはいた。ただの思い過ごしだろうと願っていた。

ところが、やっぱりとんでもないことをいろいろしていたようである。

盛んに海外へ視察旅行へ出かけて、信じられないお金を使っている。
「飛行機はファーストクラス、宿泊は最高級ホテルのスイートを使い、一回の視察旅行に5千万円の税金を使ったという。
別荘への往復の料金やら、レストランで豪華な食事を家族と楽しんで、1回で30万円近い豪遊である。

そして、何をしようが、「倫理的な問題」というだけで、これを罰する法律は無いという。

ウルグアイのムヒカ大統領は、世界で一番貧乏な大統領として任務を全うした人である。
その彼が、「指導者は国の庶民の平均的生活をしなければならない」と発言した。

視察旅行と称して豪華な旅行をし、公費で別荘へしばしば出かけ、レストランで1食30万円の豪華な食事を公費で支払い家族で楽しんで・・・・。

次の選挙で都民はどのような判決を下すのだろうか?東京人は甘い!大阪人はこんなことを許さないだろう・・・と思いたい。


 
18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
Comment








Trackback

講演依頼&お問合せ

公式サイト案内



オンラインショップ

講演情報_バナー

ご案内


skype_seminar_sidebuner4-e1357803993569.png




christmas_1.jpg
安藤和子 文 / 神谷直子 絵
800円(定価)

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

安藤和子の紹介

Comment

  • ノアの洪水の史実について学ぶ:加古川バプテスト教会において
    Yukimichi Okabe (11/06)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    吉村友喜 (08/07)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    tera (08/06)
  • 老人には時速5kmで踏切を渡りきれない! / 踏切も交差点も若者対象の設定
    頭の悪いおぢさん (05/11)
  • STAP細胞 (9): 後出しジャンケンで 「グー・チョキ・パー」 全部を出した指導者
    武田照子 (04/19)
  • STAP細胞 (6) 関係する記事を公式ホームページに公開
    田口哲夫 (04/10)
  • STAP細胞 (3) 著者/共同研究者たちの責任・他施設の専門家たち
    やすだ (04/03)
  • STAP細胞 (2) 関係者たちの理解し難い対応・著者たち、他施設の専門家たち
    杉森 経弘 (03/19)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    ソープ (07/25)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    Yasuhisa Hamada (07/25)

Link

Search

Feed

Mobile

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM