<< main >>
イチロー、歴代最多安打記録を達成。数々の輝かしい記録、そして、国民栄誉賞を二度辞退した!

イチロー、歴代最多安打記録を達成・クールな対応

この輝かしい記録を達成した時にインタビューを受けて、その応答は、いつも通り非常にクールであった。マスコミやファンは、この記録を追いかけていたが、イチロー本人は「これを目標にしていなかった。日米合算ということでケチがつくことを予想していたので・・・」と、あっさり言ってのけた。

 

そして、事実、記録を抜かれたアメリカのくだんの選手は「日本の野球のレベルが低いのだ。一緒にならない。俺が一番であることには変わらない。」と言って、怒りを発散させた。

 

脚光を浴びるまでの道のり

 

筆者はプロ野球のファンではないので、普通にニュースで語られる以上には知らないので、今回、ネットで調べてみた。

イチローの野球人生は、エリーとして出発したのではない。いつも脚光を浴びる立ち位置にいた松井秀喜とは違う。松井秀喜は、日本でもアメリカでのデビューも脚光を浴び、はじめから英雄として野球人生を始め、かっこよく振る舞い、いつも光の中を歩んでいたように思う。そして、長島茂雄とセットで国民栄誉賞まで貰ってしまった。

 

・・・・・松井秀喜の国民栄誉賞に納得のいかなかった人は、かなり大勢いたようである。 国民栄誉賞って何? 誰が決めるの? 国民のご機嫌を取って票を獲得しようという魂胆? さまざまな議論、憶測が乱れ飛んだ。 そもそも、彼はそんな大きな賞を受ける資格なんてないじゃないか。そして、松井秀喜は、何だって辞退しないんだ! そういうバッシングが相当あったようである。

国民栄誉賞と言えば、オリンピックマラソンで金メダルを獲得した女性ランナーに、国民栄誉賞をが与えられた時にも、大きな疑問を抱いた。確かに、一つの功績ではあるが、一体、国民栄誉賞という大それた賞を与えるに値する業績なのか?・・・・・

 

イチローは、プロ入りの初めからトップではなく、ドラフト4位でオリックスに入団している。そして、誰もがびっくりする成績をバットで叩き出したが、ホームランバッターのような派手さはない。地道な努力を積み重ねた、しかしそれでも地味な栄光である。

そして、野手としては日本人初のメジャーリーガーとなった。しかし、ここでも、すんなりと受け入れられたわけではない。日本人野手がメジャーで通用するのか疑問視する声が日米問わず多く、あるマリナーズの番記者は日本でのイチローのビデオを見て、「ピッチャーが投げるすべての球に反応して動き、バッターボックスでふらついているようにも見えた。球を叩くように打ち、すぐさま走り出すスタイルは、メジャーリーグの投手と野手が相手では歯が立たないだろうと思われた。その上、パワーもなさそうだった」と述べ、監督もイチローには大きな期待をしていなかった。


「背番号51」についても、当時のマリナーズではランディ・ジョンソン(1989 - 1998年まで在籍)の番号というイメージがファンの間で認識されていたために、「ランディの功績を台無しにする」「ランディを侮辱している」という理由であまり好意的には見られていなかった。

東京在住のアメリカ人ジャーナリストの一人が「イチロー君大リーグは甘くないぞ」と題して、イチローがMLBでは通用しないことを断言し、「イチロー自身も『あーあ、アメリカに来なければ、今頃はまだ日本のスーパースターでいられたのに』と後悔しているかもしれない。来年の今頃、僕がこの誌面で平謝りに謝っているかどうか、忘れずにチェックしてほしい。」と執筆した。・・・多分、平謝りに謝ったのだろう、当然のことながら。


脚光を浴びて、大きな契約金を手にしてアメリカに迎え入れらた松井とは格段の差である。

前述の番記者は、シーズン開幕から1か月半後の「シアトル・タイムズ」紙に、「お詫び」のコラムを掲載している。

 

一歩、一歩の努力で光を放った才能

 

大リーグ記録の4256安打を上回った。日本プロ野球のオリックスに在籍した9年間で1278安打を放ち、2001年に大リーグ入りしてからの16年間に2979安打を積み上げた。

オリックスでは94年に当時のプロ野球記録となるシーズン通算210安打を記録。マリナーズ在籍時の04年に大リーグのシーズン最多安打記録を84年ぶりに塗り替える262安打を放った。09年には日米通算で張本勲(元ロッテなど)が持つ日本プロ野球最多の3085安打を上回った。過去29人が達成した大リーグ通算3000安打にもあと21本に迫っている。

 

輝かしい記録とクールな対応


イチローがマスコミに現れるようになった若い頃から、他の野球選手とは比較にならないほどクールすぎるほど世慣れた返答が返ってくることには驚かされた。それは、一つには人柄ということもあるだろうし、エリートとして出発しておらず、周囲の人々やマスコミに叩かれてきたことと無縁ではないかも知れない。

 

イチローはこんなことを述懐しているのも、彼らしいなと思う。

世界に出て再認識したことのひとつが、日本語を大切にすることであるという。きっかけに関して、「米国に行ってから、日本語の深さや美しさを自分なりに感じるようになり、日本語をきれいに話したいと思い始めた。日本語でも自分の感覚や思いを伝えることは困難だと感じている。それが外国語となれば、不可能に等しい。英語で苦労する以前に、僕は日本語で苦労している」と話している

国民栄誉賞の辞退

 

2001年、メジャーリーグで日本人選手史上初となる首位打者を獲得する活躍を見せた事により、小泉純一郎内閣から授与を打診されたが、「国民栄誉賞をいただくことは光栄だが、まだ現役で発展途上の選手なので、もし賞をいただけるのなら現役を引退した時にいただきたい」と固辞した。

 

2004年にも、メジャーリーグのシーズン最多安打記録を更新した事から授与を検討されたが、今の段階で国家から表彰を受けると、動機付けが低下すると再度固辞した。

 

実にイチローらしい清々しさを覚える。
 

 

 

 


 

15:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
Comment








Trackback

講演依頼&お問合せ

公式サイト案内



オンラインショップ

講演情報_バナー

ご案内


skype_seminar_sidebuner4-e1357803993569.png




christmas_1.jpg
安藤和子 文 / 神谷直子 絵
800円(定価)

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

安藤和子の紹介

Comment

  • ノアの洪水の史実について学ぶ:加古川バプテスト教会において
    Yukimichi Okabe (11/06)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    吉村友喜 (08/07)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    tera (08/06)
  • 老人には時速5kmで踏切を渡りきれない! / 踏切も交差点も若者対象の設定
    頭の悪いおぢさん (05/11)
  • STAP細胞 (9): 後出しジャンケンで 「グー・チョキ・パー」 全部を出した指導者
    武田照子 (04/19)
  • STAP細胞 (6) 関係する記事を公式ホームページに公開
    田口哲夫 (04/10)
  • STAP細胞 (3) 著者/共同研究者たちの責任・他施設の専門家たち
    やすだ (04/03)
  • STAP細胞 (2) 関係者たちの理解し難い対応・著者たち、他施設の専門家たち
    杉森 経弘 (03/19)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    ソープ (07/25)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    Yasuhisa Hamada (07/25)

Link

Search

Feed

Mobile

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM