<< main >>
東京都の財布が自分の財布と思った1300万人の「長」と村民の幸せを考えた470人の村の「長」

有能過ぎて、他の人への思いやりを忘れた首長

 

奨学金を受けて大学を卒業したエリート弁護士が、頭がどんなに切れるかということを売りにしてテレビで名前を売り、新しいタイプのアイドル・タレントになった。そして、タレント議員になってさらに名を売り、どんどん自分が「エライ」とうぬぼれるようになったのであろうか? 遂に、東京都知事という巨大な権力を手に入れたタレントは自分の思い通り、わがまま気ままにしても、都庁の職員はすべて自分の命令に従うはずだという恐ろしい錯覚に陥ってしまった。

 

かくて都の財布は自分の財布だと錯覚してしまった。エライ都知事がビジネスクラスでは恥ずかしいという感覚を身につけてしまった。一方、東京都民は厳しい経済生活を強いられており、ある人々は住む場所さえなく、ある人々は生活保護費を「貧困ビジネス」をする悪者に巻き上げられて、強者の餌食になっている。普通の生活をしている人々でさえ、毎日の生活に10円でも倹約しようとして苦労しているのである。それが、エライ都知事が支配しようとしていた一般の都民なのである。

 

ともあれ、都議会は桝添氏を辞めさせることを目的としてしまった。そして、参議院選挙に影響が及ぶことを恐れた自民・公明の両党は、かつて自分たちで彼を担ぎ出した責任を忘れ果ててしまった。間違ったことを目的にしたので、辞職を申し出た途端に、すべてをうやむやにして一目散に参議院選挙に突っ走ったのである。彼のしでかしたことをきちんと報告させる義務が都議会にはあるのであるが、そんなことはどうでも良いのか、あるいはあまり明白にして貰っては困る諸々があるのかも知れない。

 

日本にもいた忠実な公僕

 

つい先日、日本を訪れた大人物、世界一貧しい大統領として有名なウルグアイのムヒカ氏と同様に、公僕という名にふさわしく人々に仕えた村長が、この間退職した。和歌山県北山村、人口たった475人の小さな村の村長である。出張してもランチは学生食堂で1、210円、しかも、これは経費ではないと自腹でまかない、宿泊費の上限は、1泊1万3000円。村民の目線に立って物事に対処すると言う。ランチの1,210円、宿泊費13,000円は、まさしく筆者を含めて、庶民の生活水準である。

 

都民1300万人、何兆円もの予算を動かす首都の知事と、小さな村長を比べることには意味がないという意見がすぐに出てくるだろう。しかし、姿勢の問題、心構えの問題である。自治体の大小は関係ないと、この村長が言うとおりである。

 

言葉だけのきれい事は、桝添さんだけではなく、多くの人々が大声で怒鳴り上げて票を稼ぎ、議員になったり知事になったりしている。しかし、当選したら言ったこととは裏腹に、自分を楽しませることだけを行う。号令だけは誰にでも出来る。

しかし、この村長は、様々なことを実践して、村の発展のために、子どもたちの教育のために、村民の幸せのために身を粉にして働いたようである。

 

精神において、このような指導者をそれぞれの自治体に、国会に、そして総理大臣に選ぶためには、国民が自分の1票を賢く使う知識と知恵を用いなければならない。

 

そろそろ、アイドル・タレント議員、タレント知事には「サヨナラ」しなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
Comment








Trackback

講演依頼&お問合せ

公式サイト案内



オンラインショップ

講演情報_バナー

ご案内


skype_seminar_sidebuner4-e1357803993569.png




christmas_1.jpg
安藤和子 文 / 神谷直子 絵
800円(定価)

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

安藤和子の紹介

Comment

  • ノアの洪水の史実について学ぶ:加古川バプテスト教会において
    Yukimichi Okabe (11/06)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    吉村友喜 (08/07)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    tera (08/06)
  • 老人には時速5kmで踏切を渡りきれない! / 踏切も交差点も若者対象の設定
    頭の悪いおぢさん (05/11)
  • STAP細胞 (9): 後出しジャンケンで 「グー・チョキ・パー」 全部を出した指導者
    武田照子 (04/19)
  • STAP細胞 (6) 関係する記事を公式ホームページに公開
    田口哲夫 (04/10)
  • STAP細胞 (3) 著者/共同研究者たちの責任・他施設の専門家たち
    やすだ (04/03)
  • STAP細胞 (2) 関係者たちの理解し難い対応・著者たち、他施設の専門家たち
    杉森 経弘 (03/19)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    ソープ (07/25)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    Yasuhisa Hamada (07/25)

Link

Search

Feed

Mobile

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM