<< main >>
東大の医学論文に不正疑惑? 生活習慣病関連の基礎研究・4研究室

医学論文に不正疑惑

 

「東大の医学系4研究室が報告した論文、11本にねつ造や改ざんがある、研究不正の疑いがある」と、匿名の告発文が、大学本部や文部科学省、関連学会に届いているという。

論文は、生活習慣病関連の基礎研究だという。

 

論文のグラフなどが不自然すぎて、基になったデーターがあるかどうか疑わしいという。

天下の東大がねぇ!? 

かつて、安田講堂落城事件を身を以て経験した筆者は、様々な思いが交錯して感無量である。

と言っても、別に実際に闘争に関わったわけではなく、大学に入れてもらえず、喫茶店でテレビで落城を眺めていたのであるが。

安田講堂に立て籠もった学生たちと学生たちをあそこまで怒らせた大学幹部が教育者の任務を放棄して機動隊の出動を要請したので、遂に自分の大学が叩きつぶされるのを、なすすべもなく見ていたのである。

だが、あれによって東大は変わると大いに期待した。教授たちは、天下の東大というおぞましい思想を脱ぎ捨ててくれるだろうと期待した。何年も経って、期待した私たちがバカだったと思い知らされた。

 

今、世界での東大のランキング順位は43位だそうである。

もっとも、この順位付け、何を基準にして査定しているのか、極めて疑わしいので、あまり信じるわけにはいかないが、ただ、東大の値打ちは、昔からそんなに高くはなかったのである。ただ、日本人が勝手に東大は「すごい大学だ」と、誰かに思い込まされて受験戦争に拍車をかけられて、若者たちの青春が泥まみれにされただけかも知れない。

現在、受験戦争で血道を上げているのは、韓国と北朝鮮かも知れない。

 

さて、実際に論文を見たわけではないので、申し訳ないが、「さもありなん」というのが直感的感想である。

 

何故? メディアに顔を売っている生活習慣病関連の「自称専門家」先生方が、テレビで数々の意見を述べているからである。

あれこれを、1日〜〜グラム食べろ、このサプリメントを摂れ、このように運動しろ等々、好い加減な指南をして、健康不安を抱えている中年層の人々を迷わせているのを、苦々しい思いでいるからである。

 

生活習慣病・サプリメント花盛り

 

生物的寿命と健康寿命との間に数年以上の差があり、それが今の日本の大問題である。年を取ると体のあちこちが痛んできて、なかなか健康に生きることができない。健康不安を抱えている中年以降の人々は、健康に良いというウソと真の入り交じった噂話に飛びついて、様々なことを試みる。このような大勢の人々は、テレビの健康番組の餌食、数々のサプリメントを売り出している各種会社の餌食、そして、それらにテレビや会社にえさを与える「えせ学者たち」の餌食になっている。

 

マスコミに出てくる「研究者・学者」たちが全部「えせ」だと言うつもりはないが、しかしながら、サプリメントを売り込んでいる人々は問題である。また、食生活をねじ曲げて、ニンニクを幾つ食べれば健康になるとか、そういうたぐいの宣伝をする人々は、生物、生命科学を知らない人々、えせ科学者である。一人、二人の例を取り上げて、〜十万人に当てはめようとする思想は、科学とは無縁の代物である。

 

そのような領域において、ウソのデーターをでっち上げて、それに踊らされる一般の人々こそ、いい面の皮である。このようなことを徹底的に調べて、厳しく対処して貰いたいものである。

 

生物医学系の学術論文・ほぼすべてに再現性が認められない?

 

米スタンフォード大学の研究チームによると、世界で2000〜14年に発表された生物医学系の論文から無作為に抽出した441本中、実験データを伴う268本について精査したところ、再現実験に必要なすべての手順や条件を公表している論文は、実にたった1本だけだったという。

 

生データを紹介している論文はゼロ、生データの取り寄せ方法を示した論文もたった1本、研究資金の出処の記録が51.7%だけ、等、科学研究論文とは言えない論文ばかりだったという。

 

科学者の端くれとして、筆者はこの調査結果には疑義を感じざるを得ない。

本当に、無作為に抽出したのか? 研究論文を掲載する科学雑誌もピンキリである。ろくでもない雑誌をマゼコゼニしたのではないのか。まともな科学雑誌に関して調査したら、どうなるのだろうか?調査をしたのがスタンフォードだからと言って、信頼するわけにはいかないのである。このような調査の難しさを周知している人々が行ったのであろうか?


いずれまた、諸方面から調査結果が出てくるだろうから、それを待ちたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
Comment








Trackback

講演依頼&お問合せ

公式サイト案内



オンラインショップ

講演情報_バナー

ご案内


skype_seminar_sidebuner4-e1357803993569.png




christmas_1.jpg
安藤和子 文 / 神谷直子 絵
800円(定価)

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

安藤和子の紹介

Comment

  • ノアの洪水の史実について学ぶ:加古川バプテスト教会において
    Yukimichi Okabe (11/06)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    吉村友喜 (08/07)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    tera (08/06)
  • 老人には時速5kmで踏切を渡りきれない! / 踏切も交差点も若者対象の設定
    頭の悪いおぢさん (05/11)
  • STAP細胞 (9): 後出しジャンケンで 「グー・チョキ・パー」 全部を出した指導者
    武田照子 (04/19)
  • STAP細胞 (6) 関係する記事を公式ホームページに公開
    田口哲夫 (04/10)
  • STAP細胞 (3) 著者/共同研究者たちの責任・他施設の専門家たち
    やすだ (04/03)
  • STAP細胞 (2) 関係者たちの理解し難い対応・著者たち、他施設の専門家たち
    杉森 経弘 (03/19)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    ソープ (07/25)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    Yasuhisa Hamada (07/25)

Link

Search

Feed

Mobile

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM