<< main >>
ユダヤ人の亡命を助けた勇気ある音楽家・近衛秀麿

音楽に多少とも精通している人々は、近衛秀麿という名前を知っているだろうし、非常に優秀な音楽家・指揮者であったこと、日本における西洋音楽のパイオニアとして重要な役割を果たしたことを知っているだろう。また、その名前から天皇に繋がる家系であることも多分、認識している人が多いだろう。

 

だが、彼の個人的なことを知っている人の数はそれよりは少ないだろうし、ましてユダヤ人の亡命を手助けしたためにゲシュタポに逮捕され、拷問を堪え忍んだことなどを知っている人はほとんど居ないだろう。と言うよりは、実はその事実が明らかになったのは、つい2〜3年前だそうである。

 

近衛秀麿の兄は日独伊三国同盟を結んだときの首相、近衛文麿である。この近衛文麿は、日本が敗戦した直後、逮捕される前に服毒自殺をして、東京裁判にかけられる不名誉から逃れた人である。ともあれ、この近衛文麿の弟であるので、ドイツでユダヤ人の亡命に手を差し伸べていたことが分かったときにも、一日拘留されただけで解放されたようである。また、戦後は、そのためにスパイであったのではないかと、疑いの目で眺められた。

 

リトアニアの領事であって、ぎりぎりまでユダヤ人に日本の通過ビザを署名し続けて、6000人に及ぶユダヤ人を助けた杉原千畝のことを知っている人は大勢居る。しかし、近衛秀麿のような民間人のささやかでも、民間人であるが故に命がけで理不尽な迫害を受けていたユダヤ人を助けた人がいたことは余り知られていない。

 

彼のこの勇気ある行動をNHKが伝えていたが、どこまでも美しい勇気ある行動の部分だけをまとめていた。それで、近衛文麿の知られていないプロファイルを調べてみたところ、どうも色々と美しくない人間像が出てきてしまった。

秀麿は結婚を2回しており、それ以外に何人もの女性と幾人もの子をなしており、派手な女性遍歴をしたようである。そして、戦後、アメリカ軍に抑留された時の尋問で子供の数を聞かれ、暫く沈黙した後に「子供が何人居るか数えているところだ」と言い放って取締官は唖然としたそうである。

 

00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
Comment








Trackback

講演依頼&お問合せ

公式サイト案内



オンラインショップ

講演情報_バナー

ご案内


skype_seminar_sidebuner4-e1357803993569.png




christmas_1.jpg
安藤和子 文 / 神谷直子 絵
800円(定価)

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

安藤和子の紹介

Comment

  • ノアの洪水の史実について学ぶ:加古川バプテスト教会において
    Yukimichi Okabe (11/06)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    吉村友喜 (08/07)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    tera (08/06)
  • 老人には時速5kmで踏切を渡りきれない! / 踏切も交差点も若者対象の設定
    頭の悪いおぢさん (05/11)
  • STAP細胞 (9): 後出しジャンケンで 「グー・チョキ・パー」 全部を出した指導者
    武田照子 (04/19)
  • STAP細胞 (6) 関係する記事を公式ホームページに公開
    田口哲夫 (04/10)
  • STAP細胞 (3) 著者/共同研究者たちの責任・他施設の専門家たち
    やすだ (04/03)
  • STAP細胞 (2) 関係者たちの理解し難い対応・著者たち、他施設の専門家たち
    杉森 経弘 (03/19)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    ソープ (07/25)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    Yasuhisa Hamada (07/25)

Link

Search

Feed

Mobile

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM