<< main >>
パク・クネ大統領の最後の足掻きで噴き出した悪知恵・歴代韓国大統領が権力を失った後の末路

ニュース番組の視聴率を稼がせている事件

 

彼女を取り巻く大勢の「悪者たち」は、大統領という権力に取り付き骨の髄までしゃぶり尽した。しゃぶり尽される方も悪いが、しゃぶり尽した方の隠然たる勢力は目に余るものがある。

 

日が経つにつれて、次々と絶大なる権力構造とそれを取り巻く陰の力が明らかになり、彼らのしでかした数々の悪行が表に出てきた。韓国民の怒りは凄まじい。そして、大統領の弾劾が国会で決議されることが必至になった。

 

予定の前日になって、間髪を入れず「任期前に辞任します」と言ったのは良いが、条件付きである。また、いつ辞任するとも言わないで、言うなら弾劾を阻止するための時間稼ぎをして、そのうちずるずると人気いっぱいまで辞めなくても済む方策を講じたということだろう。いくらでも悪知恵は出てくるらしい。

そして、案の定、弾劾は延期になった。

 

権力を手に入れた人間の醜さ・弱さ

 

韓国大統領の絶対的に強い権限は、事件が起こるたびに驚かされる。その裏舞台が明らかになるのは、大統領を辞任した後である。大統領になった途端にどんな審査も潜らないで、全てしたい放題のようである。そして、権力を持ち続けている間は、恐ろしい悪行に明け暮れる。そのために、大統領を辞任した途端に、今度は刑事被告人である。今回も、大統領を辞任すれば、警察の取り調べに直行であることは間違いないだろう。

だが、弾劾を免れ、辞任の時期を延ばして権力を持ち続けて時間稼ぎをして、権力によって自分がしでかした悪事を粉飾してしまおうということなのか?

 

人間は、苦労をして坂道を登っているときの姿は、その人の人間として一番美しい姿を見せるようである。ところが、その人が目標にしていた段階に達した途端に、人間の醜い本性をさらけ出す。その顕著な例が、隣国韓国の大統領であろう。

 

話は変わるが、NHKの大河ドラマ、実力のある俳優や演出家、監督を動員し、大金を投入して、主人公が成功するまでは面白い.所が、しかるべき地位に達した途端に、主人公は堕落する。通年のドラマであるが、大抵半年以内に面白くなくなる。これを工夫しないと最後まで面白いドラマに仕上がらないだろう。とは言っても、歴史上の人物を取り扱っているから、仕方のないことかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
Comment








Trackback

講演依頼&お問合せ

公式サイト案内

講演情報_バナー

ご案内


skype_seminar_sidebuner4-e1357803993569.png




christmas_1.jpg
安藤和子 文 / 神谷直子 絵
800円(定価)

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

安藤和子の紹介

Comment

  • ノアの洪水の史実について学ぶ:加古川バプテスト教会において
    Yukimichi Okabe (11/06)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    吉村友喜 (08/07)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    tera (08/06)
  • 老人には時速5kmで踏切を渡りきれない! / 踏切も交差点も若者対象の設定
    頭の悪いおぢさん (05/11)
  • STAP細胞 (9): 後出しジャンケンで 「グー・チョキ・パー」 全部を出した指導者
    武田照子 (04/19)
  • STAP細胞 (6) 関係する記事を公式ホームページに公開
    田口哲夫 (04/10)
  • STAP細胞 (3) 著者/共同研究者たちの責任・他施設の専門家たち
    やすだ (04/03)
  • STAP細胞 (2) 関係者たちの理解し難い対応・著者たち、他施設の専門家たち
    杉森 経弘 (03/19)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    ソープ (07/25)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    Yasuhisa Hamada (07/25)

Link

Search

Feed

Mobile

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM