<< main >>
日本敗戦の混乱に便乗し四島を略奪したロシアが返還を拒否し、米国はなぜ沖縄・小笠原を返還したのか?

遅刻常習犯のプーチン

 

首脳会談に二時間四〇分も遅刻されても、日本の首相はにこやかに出迎えるしかなかった!いい面の顔である。相手を大切に思うなら、決して遅刻などしないものである。安倍首相を、それはとりもなおさず日本を、軽く見て自分が優位に立とうとする悪意は見え見えである。

 

「遅いぞ! 武蔵!」と怒って刀のさやを捨てて武蔵に侮られ、負けた佐々木小次郎・・・。多分、作り話だろうが、人間心理をついている。相手を大切に思い、友好的な心を持っている場合は遅刻などしない。プーチンそしてロシアは、日本を大切になど思っていないし、四島を返還する気など毛頭無いのは、この71年間、彼らがしでかしてきた行動を見れば明らかである。順次、自国の領土であると主張するための事実を積み上げるための様々な策を練って実行してきた。71年間である!

 

中曽根元首相が、レーガン元米国大統領と「ロン・ヤス」とファーストネームでおつきあいする関係だと、「愚かな」ことを言い始め、華々しく宣伝した。彼らがその任務から離れた後も、「ロン・ヤス」の個人的な付き合いが続いたのだろうか? が、とにかくも、それ以降、「ファーストネームのつきあい」という形だけの宣伝をしたがるバカな首相たちが後を絶たない。元々、子どもは別として家族・親戚以外の人々とファーストネームで呼び合う文化を日本人は持っていない。ファーストネームで呼んだり、べたべたと体を触ったり、挙げ句の果てには抱き合ったり、自分の身についていない欧米の習慣をむやみやたらに「猿まね」をしている日本人の振る舞いをあざ笑われているのが分からないのだろうか? 安倍首相も、プーチンとファーストネームで呼び合う仲だとバカなことを言っているらしいが、プーチンは知らん顔をして「アベ」と呼んでいるらしく、「アベ」は愚かな独り相撲・道化師を演じているに過ぎない。

 

そして、今回の会談は、安倍さんや政府がどのように取り繕おうとしても、もはやそれは不可能であり、残念ながらどんな実も結ばなかった! 外国での評価もそのようであり、安倍は敗北したと報じられている。

 

旧ソ連の参戦は、そもそも国際法違反

 

そもそも、当時日ソ不可侵条約を結んでいたのであり、しかも、日本はすでにポツダム宣言受諾を決定していた。その時になって、戦場のドサクサに紛れて宣戦布告をして参戦し、すでに戦いが終わった後で、戦場泥棒を働いたソ連である。そして、北方四島を無理矢理に占領してしまった。そして、ロシア(旧ソ連)とは地続きであるので絶対返さない、自分のものだと既成事実を造ろうとしている。現在、中国がしている陣取り合戦と同じ振る舞いである。

 

なぜ、アメリカは沖縄および小笠原諸島を返還したのか?

 

沖縄の基地は治外法権地域であり、米兵は沖縄で無法な振る舞いのし放題である。そして、折しもオスプレイの事件。事故後のアメリカの対応は、日本をやはり植民地まがいの何かだと思っているとしか受け取れない。これだけ様々なことをされても日本は、喜んでしっぽを振っているのか?沖縄の住民が怒るのは当然であるのに、沖縄の問題・怒りを本土の人間は理解せず、まして政府はどこ吹く風である。沖縄がアメリカのものか、日本国であるのかが曖昧である間は、日本は真の独立国とは言えない。

 

なぜ、ロシアは北方四島を占領し続け、なぜアメリカは日本に返還したのか? アメリカが日本に友好的であるからではない。ロシアにとって四島は極めて重要であり、一方、アメリカにとって、沖縄は日本に形だけの主権を与えておいて、基地として使う方が有益であるからである。ロシアは地続きである北方四島を、日本には返還したくない。北方四島にアメリカが基地など設けたら大変なことになる。一方、アメリカは沖縄も小笠原諸島も、アメリカ本土と遠く離れているので、管理するのは大変である。そういう大変なことは日本にさせた方が便利である。そして、沖縄の最良の場所を基地として占領し続けて、日本に守らせ、ロシアや中国など仮想敵国に対応できるようにした方が自国にとって有効だからである。アメリカが日本に友好的であるなどと錯覚しているから、いつまで経っても米兵の無法な振る舞い一つ制することが出来す、沖縄県民が痛めつけられているのである。そのような状況下に今回のオスプレイの事故が起こり、それに対するアメリカの対応は、まさしく彼らの本音をもろにさらけ出したものであり、許容範囲を逸脱している。

 

世界の三大勢力が、様々な形で小国を利用し、思い通りに蹂躙している。そして、日本は好都合な、利用価値の高い小国なのである。世界情勢が険しくなってきた昨今、日本はロシア、中国、そしてアメリカから目をつけられて、三すくみになっている事実が一挙に明らかになった感じである。

 

日本人は、敗戦により背骨まで抜かれてふぬけになってしまったのであろうか? 戦後、71年、そろそろ日本人としての自覚・誇りを取り戻すべき時期が来ているのではないだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

21:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
Comment








Trackback

講演依頼&お問合せ

公式サイト案内

講演情報_バナー

ご案内


skype_seminar_sidebuner4-e1357803993569.png




christmas_1.jpg
安藤和子 文 / 神谷直子 絵
800円(定価)

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

安藤和子の紹介

Comment

  • ノアの洪水の史実について学ぶ:加古川バプテスト教会において
    Yukimichi Okabe (11/06)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    吉村友喜 (08/07)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    tera (08/06)
  • 老人には時速5kmで踏切を渡りきれない! / 踏切も交差点も若者対象の設定
    頭の悪いおぢさん (05/11)
  • STAP細胞 (9): 後出しジャンケンで 「グー・チョキ・パー」 全部を出した指導者
    武田照子 (04/19)
  • STAP細胞 (6) 関係する記事を公式ホームページに公開
    田口哲夫 (04/10)
  • STAP細胞 (3) 著者/共同研究者たちの責任・他施設の専門家たち
    やすだ (04/03)
  • STAP細胞 (2) 関係者たちの理解し難い対応・著者たち、他施設の専門家たち
    杉森 経弘 (03/19)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    ソープ (07/25)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    Yasuhisa Hamada (07/25)

Link

Search

Feed

Mobile

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM