<< main >>
東京医大: 差別的処理で女性を減らす。男女比の調整を明記により差別を認めると文科省見解!

女性合格者への差別

 

 東京医大では、医学部医学科の一般入試で、女子の得点に一定割合の係数をかけて一律に減点し、女子の合格者数を抑えていたことが判明した。点数操作は2010年頃から続いていたと見られるという。募集要項には記されていなかった。記されていなかったことが問題だと考えている人々が大勢いるようであるが、それが問題なのではない。差別が問題なのである。 

 

文科省見解:点数操作を明記すれば認める

 

 入試の募集要項に男女比の調整を明記していれば、大学の責任で特定の受験者を優先して合格させることはできるという。

問題は、説明しないで調整をしていたことが問題だという。

 

 本当の問題点は、このように差別することであって、募集要項に差別を明記するかしないかの問題ではない。

女性医師は、妊娠、出産などで稼働率が低くなることが問題だと、訳の分からない理由付けをしている。子どもを生み、育てる責任は男女で、社会で担っていくのだという認識すらない遅れた日本の社会である。

 

日本の社会に渦巻く様々な差別

 

 女性に対する差別でも、このように本質がずれたところで論じられる。そして、差別されている本人たちがそれを認識しないという問題もある。社会の様々な差別をまず認識し、一つ一つの差別を、差別の芽を潰していかなければならない。

 日本の民主主義のレベルが非常に低いと世界で批判されていることを受けとめる必要がある。

12:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
Comment








Trackback

講演依頼&お問合せ

公式サイト案内



オンラインショップ

講演情報_バナー

ご案内


skype_seminar_sidebuner4-e1357803993569.png




christmas_1.jpg
安藤和子 文 / 神谷直子 絵
800円(定価)

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

安藤和子の紹介

Comment

  • ノアの洪水の史実について学ぶ:加古川バプテスト教会において
    Yukimichi Okabe (11/06)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    吉村友喜 (08/07)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    tera (08/06)
  • 老人には時速5kmで踏切を渡りきれない! / 踏切も交差点も若者対象の設定
    頭の悪いおぢさん (05/11)
  • STAP細胞 (9): 後出しジャンケンで 「グー・チョキ・パー」 全部を出した指導者
    武田照子 (04/19)
  • STAP細胞 (6) 関係する記事を公式ホームページに公開
    田口哲夫 (04/10)
  • STAP細胞 (3) 著者/共同研究者たちの責任・他施設の専門家たち
    やすだ (04/03)
  • STAP細胞 (2) 関係者たちの理解し難い対応・著者たち、他施設の専門家たち
    杉森 経弘 (03/19)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    ソープ (07/25)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    Yasuhisa Hamada (07/25)

Link

Search

Feed

Mobile

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM