<< main >>
新型コロナウイルス *姿を見せ始めた悪性度*

新型コロナウイルス

昨年11月頃から、世界のあちこちで流行の兆しが見え始めた新型コロナウイルス。当初は恐ろしそうには伝えられてこなかった。様々な変遷を辿って、現在、2020年6月、ある地域では多少下火になり、別の地域ではいつまでも収まらず、別の地域では新たに荒れ始めて、ニュースと言えばこの新型コロナウイルスのことである。

 

様々なウソとほんとの混じり合ったニュースと、さらにウソの方が多いコメンテーターと称する人々の大声の発言が、日本中をかき回している。その中で、本当のことをかぎ分けるのは並大抵ではない。特にご大層な肩書きを持った方々が、テレビで大声で情報を流すので、ますます混乱する。

 

筆者は、このパンデミックに多少とも興味を持ったので、各種情報を多少は掻き集めた。とは言っても、この世に舞っている数多くの情報量からすると、ほんの一部でしかないが。そして、それをまとめて、この新型コロナウイルスは現状分かっているところで、どんなものか、どのようにして避けて通るか、仮に知らぬ間に感染していて、すなわち無症状感染者になってしまっていた場合に、どのようにして他の人に感染させずに済むか、などなど、興味のある方々には情報提供している。

 

大学では、「生命科学」の講義の一端として、特別に挿入して2回に亘って話したが、講義であるからもちろん科学の話が中心である。ただ、4月中旬であったので、2ヶ月後の現在担って、このウイルス相当異なった姿を見せ始めている。

 

前の日曜日には、枚方市のグレイスチャペルで、そして次の日曜日はインマヌエル枚方キリスト教会でその話をする。そのチラシを紹介する。

 

 

17:17 | - | - | pookmark
講演依頼&お問合せ

公式サイト案内



オンラインショップ

講演情報_バナー

ご案内


skype_seminar_sidebuner4-e1357803993569.png




christmas_1.jpg
安藤和子 文 / 神谷直子 絵
800円(定価)

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

安藤和子の紹介

Comment

  • ノアの洪水の史実について学ぶ:加古川バプテスト教会において
    Yukimichi Okabe (11/06)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    吉村友喜 (08/07)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    tera (08/06)
  • 老人には時速5kmで踏切を渡りきれない! / 踏切も交差点も若者対象の設定
    頭の悪いおぢさん (05/11)
  • STAP細胞 (9): 後出しジャンケンで 「グー・チョキ・パー」 全部を出した指導者
    武田照子 (04/19)
  • STAP細胞 (6) 関係する記事を公式ホームページに公開
    田口哲夫 (04/10)
  • STAP細胞 (3) 著者/共同研究者たちの責任・他施設の専門家たち
    やすだ (04/03)
  • STAP細胞 (2) 関係者たちの理解し難い対応・著者たち、他施設の専門家たち
    杉森 経弘 (03/19)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    ソープ (07/25)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    Yasuhisa Hamada (07/25)

Link

Search

Feed

Mobile

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM