<< main >>
Q12 チグリスやユーフラテス(創2:14)など、同じ名前の川が、どうして現在もあるのでしょうか
この記事では、聖書の創造に関する疑問にお答えしています。
Q&Aシリーズ2 「創造の実質に関する質問と答え」

A ノアの洪水によって創造された地球は滅びましたから、チグリスやユーフラテスもこの時点で消滅しました。しかし、洪水後、ノアの子孫たちが新しい土地に入って、故郷の土地を懐かしく思って、そこに新たに出来た川に馴染みの深い名前を付けたのでしょう。
現在、世界の離れた地域に同じ名前の都市があるのも、似たような状況下で生じていることでしょう。例えば、イギリスのオックスフォードやケンブリッジという名前が、移住した人々によってアメリカやカナダでオックスフォード郡という地名が生まれ、ケンブリッジが生まれました。オーストラリアにはリバプール市がありますが、イギリスの地名を採用したものです。
アメリカ・ペンシルバニア州には、イエス・キリストご生誕の都市ベツレヘムという名前を貰った都市があります。アメリカのベツレヘムは1741年にモラヴィア兄弟団によって創設され、初期は同教会の宗教都市として発展したようです。2010年、人口は74,982人と報告されています。
00:00 | comments(0) | - | pookmark
Comment








講演依頼&お問合せ

公式サイト案内



オンラインショップ

講演情報_バナー

ご案内


skype_seminar_sidebuner4-e1357803993569.png




christmas_1.jpg
安藤和子 文 / 神谷直子 絵
800円(定価)

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

安藤和子の紹介

Comment

  • ノアの洪水の史実について学ぶ:加古川バプテスト教会において
    Yukimichi Okabe (11/06)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    吉村友喜 (08/07)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    tera (08/06)
  • 老人には時速5kmで踏切を渡りきれない! / 踏切も交差点も若者対象の設定
    頭の悪いおぢさん (05/11)
  • STAP細胞 (9): 後出しジャンケンで 「グー・チョキ・パー」 全部を出した指導者
    武田照子 (04/19)
  • STAP細胞 (6) 関係する記事を公式ホームページに公開
    田口哲夫 (04/10)
  • STAP細胞 (3) 著者/共同研究者たちの責任・他施設の専門家たち
    やすだ (04/03)
  • STAP細胞 (2) 関係者たちの理解し難い対応・著者たち、他施設の専門家たち
    杉森 経弘 (03/19)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    ソープ (07/25)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    Yasuhisa Hamada (07/25)

Link

Search

Feed

Mobile

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM