言葉は生きている(3): 「発生してございます」?? 「考えてございます」??
「群発地震も発生してございます。」
ニュースや天気予報を手に入れる朝のひとときのニュース番組で、いきなり耳に飛び込んできた言葉である。

内容からしてもちろん、大涌谷の立ち入り禁止、箱根山の噴火予想の話題であり、話しているのはアナウンサーではなく気象庁の広報担当者である。この間も、何かの申し訳だったのかどうだったのか忘れたが、どこかの省庁の担当者が「考えてございます」と言っているのを耳にした。

確かに「言葉は生きている」ので、文法が先ではない。いちいち文法を考えながら話す人はいない。しかし、意思の疎通を円滑に行うための大切な道具であり、意志が互いに正確に伝わるための約束が文法なのである。言語は時代と共に変わってきたのは事実ではあるが、それでも、互いに理解し合うための言語の約束を身に付け、「意識的に考える」という行動をする前に頭脳が無意識下で働いて文法を駆使して話し、理解しているのである。仮に無意識下であったとしても、言語を駆使するのは重要な頭脳活動である。

バベルの塔(聖書:創世記11章1節から9節まで)の裁きで人類の意思の疎通の道具である言語がかき乱され、数多くの言語に分かれた。問題はそれだけではなく、同じ言語を使っているはずの人々が言語の壁に悩むようになっている。言語が役に立たないこともあって、正しい日本語を軽視・蔑視する風潮が生まれ、訳の分からない表現を使うのが、「時代に先駆けている」「時代を読んでいる」「若者に理解がある」「ナウい」等と錯覚している。そして逆に、正しい日本語を大切にするのは、「時代の流れに遅れている」「時代を読めない」「小さなことにこだわり過ぎる」「年寄りの寝言」等々と、誇りを失い、自分たちの文化にも何もかもに自信が無い日本人は、自分たちの言語を崩すことに「新しさ」を感じるようにさえなっているのではないか。どんどん言葉を突き崩しても、それが時代の流れであり正しいことであるから、時代の流れに付いていかなければならないと考えるのであろうか?

「発生してございます」は、正しくは「発生しております」であり、「考えてございます」は、正しくは「考えております」である。丁寧語、敬語を使い慣れていない人が公式発言をしなければならない場面になって、緊張の余りこのような無茶苦茶な日本語になだれ込むことになるのだろうか? そして、それがいつの間にか、この無茶苦茶な日本語を大勢が使い始め、認知されるようになるのだろうか? 国語学者や言語教育に携わっている方々の正しい教育が普及しますようにと、願わずにはおれない










 
11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
言葉は生きている(2):言葉の乱れ、「私の父親」?「私のお父さん」?「お父さんが〜される}?
今朝、耳に飛び込んできたテレビの若者の言葉に、さわやかな驚きを覚えた。
どのような企画の番組であったのか知らないが、朝のひととき、「博多の曲がり物」という廃れてきている伝統職人の業を紹介していたようである。現在、17代目とか18代目とかという女性の息子、20歳の大学生であるが、母親からその芸を習得し始めたそうである。その息子が、「母の・・・」と言っていた言葉に新鮮な驚きをしたのである。

正しい日本語に驚くのはどうかしていると思いつつ、昨今、自分の両親を語るのに正しく言える人が非常に少なくなっているのである。どうしてだか知らないが、「父親」「母親」という一般名詞を使い、すなわち「私の父親」「私の母親」という言葉遣いをする。とかく言語を乱すと非難されがちな若者に限ったことではなく、常識をわきまえているはずの40代、時には50代の人々が、自分の親をこのように言い、正しく言える人が少ない。ひどい人は、自分の肉親を、「お父さん」「お母さん」「叔父さん」・・・と「さん」付けである。そして、挙げ句の果てには肉親のことを言うのに敬語を使う。

日本語は謙遜語、丁寧語、敬語など使い分けが難しい。余り仰々しくこだわるのは煩わしくはあるが、さりとて日本語を叩き伏せてしまったら、日本人は何語を使えば良いのだろう???

フランス人は誇りが高く、自分の言語を非常に大切にする人々であることは有名である。筆者はフランスに何度か出かけており、地下鉄が非常に使い勝手が良くて旅人には歩きやすい国である。だが、一旦何か問題が起こって土地の人に尋ねようとすると、絶対に英語を喋ってくれず、苦労したことはしばしばである。英語が出来ないわけではないことが明白である場合でも、絶対フランス語でなければ受け付けてくれない。「フランス語を喋れ! 英語はダメ!」と拒否される・・・すなわち、これだけの英語を喋るのに苦労しないのである。英語を受け付けてくれるのは、空港とホテルだけ。大分昔の思い出である、今は変わったかも知れない。

日本人は戦後の劣等感の続き物語かどうか、自分の言語をまるで苦い物のように吐き捨てる人々か?
そんなに上等の日本語を使わなくても良いが、せめて、正しく味のある日本語を大切にしたいものだと筆者は願っている。

「言葉は生きているから、口やかましいことを言うな! 流されていけば良い」「うるさいことを言うな」みたいな論調が世の中に氾濫していないだろうか? 言葉を突き崩したい「世の流れ」からゴウゴウと非難が押し寄せる。

「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。」「草枕」に書かれている夏目漱石のつぶやきが、しばしば筆者のつぶやきになる。昨今の日本語の乱れにはほとほと呆れかえっている。この頃は、言語の専門家であるはずのアナウンサーたちが平気で「間違い日本語」を連発する。「端」を「はじ」と読むアナウンサーなど、東京弁を「標準語」と錯覚している東京生まれのアナウンサーも相当いるようである。

 
12:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
親の監督責任・子どもの行動には状況如何に関わらず親に責任あり? 伝統的日本の甘えの構造
校庭でサッカー練習をしていた小学6年生がゴールに向けて蹴ったボールが、ゴールを飛び越え、門扉を飛び越えて道路に飛び出した! 
折悪しく外の道をバイクで通りかかった85歳の老人が、ボールを避けようとして転倒し、骨折して寝たきりになり、1年4ヶ月後に肺炎のため死亡した。この事故に対して遺族は親の監督責任を問いかけ、賠償請求をしていた。

裁判所は一審、二審とも1000万円を超える賠償をするように判決を下していた。日本では子どもの行動に対して親は全面的に責任を負わなければならないという考えが蔓延しており、このような事故でも判例はどうやら例外なく親が賠償責任を負わされていたようである。だが、今回、最高裁で親の責任を限定する初めての判断が示された。

事故は2004年に発生しており、「蹴ったボールで人が傷つき、その後、・・・年齢を考えると、直接の死因であったのか、なかったのは分からないが、・・・死亡した」という重荷に加えて、11年に及ぶ裁判など、この子どもとその家族は一連の苦痛を堪え忍ばなければならなかったのである。この裁判の後、「一審、二審で『違法行為だ』と断じられたことは、我々親子にとって大変ショックで、自暴自棄になりかけたこともありました」とコメントを寄せた。

子どもたちや認知症の人々にこのような思いがけない事故を起こさせないようにするには、終日、見張っていなければならないことになる。認知症の人々を鍵を掛けた部屋に閉じ込めるか? 子どもたちに自由を与えないで、束縛してしまうか? 

昔、日米安保条約に対して学生たちが激しい反対闘争を繰り広げたので、機動隊に催涙弾を投げられ、殴られ、様々な攻撃を受けて、多くの学生が怪我をし、逮捕され、そして一人の東大生が死んだ。その後も、学生たちが常軌を逸した行動をして、あるいは、そうでなくても逮捕されたりすると、必ず親が責任を問われる。親が保釈金を払い、あれこれと面倒を見て、何とか大事に至らないように奔走する。学生運動やその他諸々の無責任な(と社会に思われている)学生たちの好ましくない行動も親が後始末をし、学生たちは若気の至りで済ましてしまう。

かつての学生たちは、それでも真剣に人生を考え、社会を考えていた人々の暴走であったようである。今、一般的に若者だけではないかも知れないが、無責任な暴走をする社会の風潮は益々増幅しており、その一つのあらわれが成人式の異常な暴走ぶりだろう。昨今起こっている理由のない無差別な訳の分からない大小様々な犯罪もまた、その一つかも知れない。

日本人は幾つになったら自立し、自律して生きるのであろうか?

かつてアメリカに数年住んでいたときに、日本とアメリカとの違いに驚いたり呆れたりして、様々な「カルチャー・ショック」を受けたが、その一つがアメリカ人の独立心の強さと、日本の社会の甘えの構造との質的な違いであった。学生運動をして逮捕されても、親がその責任を取るということはアメリカでは論外であるとのことで、筆者は日本の甘えの構造に唖然としたことを思い出す。

これは、生まれ落ちた直後からの子どものしつけの方法の違いに明らかである。子どもがある年齢になったら、「しても良いか悪いか自分で考えなさい」という教育をアメリカではしている、その一つのあらわれが言葉にも表れている。注意をするときに3歳、4歳の子どもに「Young lady!(若い淑女)、Young gentleman! (若い紳士)」と呼びかける。日本語に翻訳すると、「良い子でしょう」ということになってしまうのかも知れないが、この言語を支える思想は全く異なっている。淑女・紳士がどのように振る舞わなければならないか、自分で考えて、反省し、そのように行動しなさいという呼びかけである。「それはいけない、こうしなさい」という叱責ではないのである。しても良いかどうかを自分で考え、判断し、責任を取りなさいという基本的な姿勢である。

日本でも歴史的にはかつてそうであった。特に武士の家では定まった規範があり、自分で考え、判断し、行動するという教育がされていた。それは男の子も女の子も同じことであった。ついこの間大河ドラマ(「八重の桜」)で取り上げられ、紹介されていた新島八重の生きた社会が、ある意味でその代表的な側面であったと言える。

日本で自立精神が雲散霧消してしまったのは、明治維新も一因かも知れないが、一番の原因になったのは、言うまでもなく太平洋戦争の後の「無条件降伏」であろう。日本人は、それまで信じてきたものが全て否定され、社会規範がひっくり返ってしまったことである。教科書の記述のうち、「帝国主義的記述」と見なされて、新しい方針に合わない記述はすべて墨で塗りつぶして、何が正しくて何が間違っているか判断できないような、墨が塗りたくられた訳の分からない教科書を子どもたちが与えられたのである。そして、正義だと自信を持って教え子を特攻隊に送り出した教師たちは自責の念に囚われ、何をしてはいけなくて、何をしても良いのか、何をするべきか、何を言ってはいけない、何を言ってもいいのか、全く自信を失った状態で教壇に立っていたのである。

教師の言動が気に入らないと、「マッカーサーに言いつけてやる」と、生徒たちが陰口をたたくような教育環境だったのである。是非善悪の判断をするのは、遠くにいるよく知らないけれども「天皇よりエライ」マッカーサーがするのだと、ボヤーッと思わされて育ったのである。それが引き継がれ、代々引き継がれて、学校教育は子どもたちを自立・自律した大人に育てることを忘れ果てて、70年を経過してしまったのではないだろうか。

何の関係もないと多くの人が思うかも知れないが、今回の最高裁の判断が、やっと人間としての自立・尊厳を促すことが出来る規範を示すための第一歩に踏み出したものと考える。















 
11:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
言葉は生きている(1):「粛々と」・・・政治家の好きな言葉
戦後70年、しかし日本にとって戦後は終わっていない。

今回の天皇・皇后のパラオへの慰問訪問は、まさしく戦後処理が済んでいないことを、日本人の心に改めて思い起こさせたのではないか。現在の天皇は、個人としては戦争に関して責任はない。しかし、戦後に関しては別であり、心にかかることがいっぱいあるだろう。その一つがパラオだった。70年も待たなければ、行くことも出来なかったのであり、この戦争の重さを思わずにはおられない。

さて、戦後が終わっていない最悪の象徴が沖縄である。
日本の指導者たちは、戦後処理を次々となおざりにして来たために、周辺諸国との軋轢は高まるばかりである。
そして、国内ではアメリカの基地を山と抱えた状態で、すなわち独立国の定義にはほど遠い状態のまま、「名目上の」ウソの独立を装って講和条約を結んだ。そして、戦争中に大きな犠牲を強いておきながら、一応戦争が終わった後まで、その最悪の犠牲を沖縄に一方的に押しつけ続けて、「内地」の人々、政治を担っている人々は沖縄の悲しみを忘れ果てて70年が経過した。

今、基地の移転問題で沖縄の気持ちを無視して政府のしたい通りに「粛々と」行うと発言して顰蹙を買った。

政治家たちは、例え反対があろうとも、国民の声を無視して数の暴力、権力の暴力を駆使して自分たちのしたい放題をするときに、「粛々と」行うと平気で発言する。政治家の好きなこの「粛々と」という言葉には、獲物を狙う狡猾な蛇が舌なめずりをしているような不快感を常日頃から覚えていたが、沖縄の人々はそれに対して声を上げた!

「上から目線的な雰囲気がある」、「雑音に耳を貸すことなく行うという意味である」と解釈され、すなわち「沖縄の声を雑音にしてしまうのか」と非常な反発を買っている。
それで、「気に入らないなら使わない」と官房長官や安倍総理は
肩すかしの応答をした。
この言葉を使うか使わないかが、一義的に重要な問題ではないからである。その本音こそが問題なのである。 

日本には、国を治める、国民の幸せのために汗を流す政治家はいるのだろうか? 政治屋ばかりが権力を獲得したら、好き放題に弱い者いじめをするのだろうか?
県議会で涙と鼻と唾をドロドロ流して世界中にその醜態を曝した人がいたなぁ! また、この間は、国会をサボって遊びに行っていながら、それがばれても居直った「議員サマ」がいた。彼女は辞任する積もりがないどころか、除名されたことに抗議をする面の皮の厚さである。こうして次々と余りにも見苦しい政治屋が横行している日本の社会であり、
その人々は頭を下げていたら通り過ぎていく、人の噂も75日とでも思っているのだろうか?

こうして、何ごとがあろうとも極めて上手に肩すかしをして、実質的には「粛々と」彼らの好きなように行っていく。







 
15:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
Page: 2/2  << 
講演依頼&お問合せ

公式サイト案内



オンラインショップ

講演情報_バナー

ご案内


skype_seminar_sidebuner4-e1357803993569.png




christmas_1.jpg
安藤和子 文 / 神谷直子 絵
800円(定価)

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

安藤和子の紹介

Comment

  • ノアの洪水の史実について学ぶ:加古川バプテスト教会において
    Yukimichi Okabe (11/06)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    吉村友喜 (08/07)
  • STAP細胞 (16) 笹井芳樹理研副センター長自殺! 自分自身を赦せなかったのだろうか?
    tera (08/06)
  • 老人には時速5kmで踏切を渡りきれない! / 踏切も交差点も若者対象の設定
    頭の悪いおぢさん (05/11)
  • STAP細胞 (9): 後出しジャンケンで 「グー・チョキ・パー」 全部を出した指導者
    武田照子 (04/19)
  • STAP細胞 (6) 関係する記事を公式ホームページに公開
    田口哲夫 (04/10)
  • STAP細胞 (3) 著者/共同研究者たちの責任・他施設の専門家たち
    やすだ (04/03)
  • STAP細胞 (2) 関係者たちの理解し難い対応・著者たち、他施設の専門家たち
    杉森 経弘 (03/19)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    ソープ (07/25)
  • 盗んだ人、盗まれた人
    Yasuhisa Hamada (07/25)

Link

Search

Feed

Mobile

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM